Diarys from Frontier

2009-03-07

[]『続・夏目友人帳』9話 20:58

かつて人間と交流した妖怪との出会いで,その妖怪が,交流している人間自分妖怪だと知られることを恐れていたという話を聞き,妖怪が見えるという異能を持つ自分と重ねる夏目。そしてその思いの向こうには,必ず塔子さんが。

いつも夏目塔子さんに対して妖怪が見えることを隠していることに対して気にしていても,おじさんに対してはさっぱり気にするそぶりを見せないよなぁ,とかいうことを今までも感じてたけど,今回のお話で特に強く思った。仮に出てきても"夫妻"のセット扱いだし,なんか不憫な気がしなくもない。まぁ,作中でおじさんと夏目が会話するシーンとかほとんどないし,仕方ないのか?