拡散していけど、とりもなおさず RSSフィード

2015-12-10

[]桐島、部活やめるってよ 桐島、部活やめるってよ - 拡散していけど、とりもなおさず を含むブックマーク はてなブックマーク - 桐島、部活やめるってよ - 拡散していけど、とりもなおさず 桐島、部活やめるってよ - 拡散していけど、とりもなおさず のブックマークコメント

桐島、部活やめるってよ(DVD2枚組)
バップ (2013-02-15)
売り上げランキング: 17,858

リンク

https://en.wikipedia.org/wiki/The_Kirishima_Thing

http://www.imdb.com/title/tt2142797/

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%90%E5%B3%B6%E3%80%81%E9%83%A8%E6%B4%BB%E3%82%84%E3%82%81%E3%82%8B%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%82%88#.E6.98.A0.E7.94.BB

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=342041

吉田大八作品への感想

http://moppara.g.hatena.ne.jp/moppara/20130106/p1(パーマネント野ばら)

ストーリー

http://movies.yahoo.co.jp/movie/%E6%A1%90%E5%B3%B6%E3%80%81%E9%83%A8%E6%B4%BB%E3%82%84%E3%82%81%E3%82%8B%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%82%88/342041/story/

感想

 面白くない

 題名は原作の同名小説から

桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)
朝井 リョウ
集英社 (2012-04-20)
売り上げランキング: 6,109



 自分が青春映画の感想を書くときには大抵「イノセンスの喪失」というワードを用いるのだが、この映画もそのワードを想起させる

 現代においては情報が氾濫しており、中高生においてもイノセントな存在でいつづけるのは容易ではなく、この作品においてもイノセンスを象徴する存在は映画部の部員たちぐらいである

 その他のキャラクターたちは、努力を放棄しているか放棄しつつあるか、他人に夢を託したりして現実から目をそらしている

 だが、「バレーボール部のスター選手である桐島が部活をやめる」という出来事が、そういった現実にヒビを入れる

 主に桐島周辺の人間たちは、自分たちが現実から目をそらしていたという事実をつきつけられる

 上に、現代ではイノセントな存在でいつづけるのは容易ではないと書いたが、イノセンスを正しく失うのも難しいものであり、こじらせてしまった彼らは混乱に陥り、収集できないまま本作は終わってしまう

 本作は群像劇の悪さが出ているなと思う

 エピソードも小粒だし、雰囲気作りは上手いと思うが、上に書いたようなテーマも描けているとは思えない

 前田(かみきりゅうのすけ)と東原(はしもとあい)をもっと全面に押し出してベタなドラマにした方が伝わるものが伝わったと思うが

トラックバック - http://moppara.g.hatena.ne.jp/moppara/20151210