拡散していけど、とりもなおさず RSSフィード

2010-02-0220100202

[]Stuart Saves His Family(邦題:アル・フランケンはMr.ヘルプマン) Stuart Saves His Family(邦題:アル・フランケンはMr.ヘルプマン) - 拡散していけど、とりもなおさず を含むブックマーク はてなブックマーク - Stuart Saves His Family(邦題:アル・フランケンはMr.ヘルプマン) - 拡散していけど、とりもなおさず Stuart Saves His Family(邦題:アル・フランケンはMr.ヘルプマン) - 拡散していけど、とりもなおさず のブックマークコメント

Mr.ヘルプマン【字幕版】 [VHS]
CICビクター・ビデオ (1996-04-26)
売り上げランキング: 17472

リンク

http://en.wikipedia.org/wiki/Stuart_Saves_His_Family

http://www.imdb.com/title/tt0114571/

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=28923

ストーリー(ネタバレあり)

 スチュアート・スモーリー(ある・ふらんけん)はケーブルテレビで自助グループの番組を持っていたが、彼を嫌う女性ディレクターのロズ(かみーる・さヴぃおら)により放送が正午から深夜に変更になり、それに文句を言うと、今度は番組自体がなくなってしまう

 スチュアートはアルコール中毒者の家族の自助会のスポンサーであるジュリア(ろーら・さん・じゃこも)の勧めに従いロズに会いに行くが、長い間待合室で待たされ、その揚句ロズは視聴者からのスチュアートへの苦情の手紙を読んで馬鹿にしてきたので、スチュアートはロズを罵倒してしまう

 落胆したスチュアートは家に引き篭もるが、妹のジョディー(れすりー・ぶーん)からおばのポーラが死んだという知らせが入ったために故郷のミネアポリスに戻る

 スチュアートはアルコール中毒の父親(はりす・ゆーりん)と、同じくアルコール中毒で無職のドニー(ヴぃんせんと・どのふりお)がいたせいで酒を飲まないポーラが好きだったが、父親はポーラを嫌っていた

 葬式の際、スチュアートのいとこのレイ(じょー・ふらはてぃ)はスモーリー家の墓地に埋めたらどうかという提案をしてきて、葬式の翌日、警官を連れてポーラの埋葬を拒否したためにスチュアートの父親とドニーが暴れて逮捕される

 シカゴに戻ったスチュアートは再び引き篭もるが、ロズの部下のローリー(べす・めいやー)がロズに耐えられなくなって仕事を辞め、スチュアートの勧める自助会に入ったことを説明してきたことによって説得され、さらに自分宛のファンレターを読んで自信を取り戻すが、そこにジョディーからポーラの遺産を受け取るにはポーラの家を売らねばならず、そのために隣人を説得する必要があることを知らされる

 スモーリー家は示談金として3000ドルを提案して隣人も納得したが、解決を引き受けたスチュアートはその額をさらに引き上げてしまい、家族は激怒し、書類も残しておらず立会人もいなかったスチュアートの交渉を有効であると証拠付けるものがないから嘘をつけばいいと提案する他の家族だったが、正直なスチュアートはその提案を引き受けることが出来ない

 シカゴに戻ったスチュアートに対してジュリアは他のケーブルテレビに出演テープを送ってはどうかと提案し、そうした結果、新たな番組が決まり、その番組が高評だったために当初の予定より放送回数も多くなるが、ポーラの隣人との交渉の件でミネアポリスの法廷から召喚状が来る

 隣人は亡くなったものの、隣人のおいがスモーリー家を訴え、スチュアートを除くスモーリー家の人間が嘘をついたために、スチュアートも嘘をつかなければ家族が偽証罪で逮捕されるという事態になっていたが、正直なスチュアートは嘘をつけず家族は逮捕されるが、スチュアートの正直さに感銘を受けた隣人のおいは損害賠償の請求を退ける

 シカゴに戻ったスチュアートは番組でその話をするが、再びジョディーから連絡が来、鹿狩りに行った父が酔って鹿と間違えてドニーを撃ってしまったという内容だったが、そこでようやくドニーは家族のアルコール中毒の問題を認識し、父親以外の家族はアルコール中毒の治療を決断するも、父親はそれを拒否してしまう

 問題は解決しなかったが、友人に囲まれていると知ったスチュアートは、友人とシカゴに訪れたドニーと共にクリスマスパーティーを開く

感想

 いい映画




 人は誰だって自分のことを冷静には判断できない

 自助グループの番組を持つスチュアートもその例外ではなく、番組では立派なことを言えても、ちょっとしたことがあれば家に引き篭もり、自分の家族ですら上手く説得できない

 しかし、それが人間らしさというものだし、そういう理想と現実とのギャップを人間味溢れるエピソードを積み上げて描いていてよかった


 ちょっとエピソードが多すぎて雑多な印象は否めないが、濃すぎず薄すぎないコメディセンスのバランス感は非常にいいし、キャラクターも地に足がついていていいなと思う

SolynSolyn2011/04/10 18:07O5DU5u YMMD with that answer! TX

mopparamoppara2011/04/10 22:59ねー

トラックバック - http://moppara.g.hatena.ne.jp/moppara/20100202