拡散していけど、とりもなおさず RSSフィード

2009-12-0720091207

[]攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society - 拡散していけど、とりもなおさず を含むブックマーク はてなブックマーク - 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society - 拡散していけど、とりもなおさず 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society - 拡散していけど、とりもなおさず のブックマークコメント

EMOTION the Best 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society [DVD]
バンダイビジュアル (2009-10-27)
売り上げランキング: 574

リンク

http://en.wikipedia.org/wiki/Solid_State_Society

http://www.imdb.com/title/tt0856797/

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BB%E6%AE%BB%E6%A9%9F%E5%8B%95%E9%9A%8A_STAND_ALONE_COMPLEX_Solid_State_Society

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=325430

感想

 あまり面白くない

 題名の「Solid State」はWikipediaから引用すれば

コシキタテアキが構築した、ソリッド・ステート・システムという、虐待を受けている子供達を電脳化した上で合法的に聖庶民救済センターに送り込むためのインフラ

 以下ネタバレ含む




 前作から2年後、草薙素子が去った公安9課はシアク共和国残党の特殊工作員によるテロ計画を追っていたが、工作員が次々と自殺していき、その中の一人は「傀儡廻(くぐつまわし)が来る!」という謎の言葉を残す

 一方、独自の捜査でテロ事件を追っていたバトーは素子と再会し、彼女が傀儡廻ではないかと疑う

 素子はバトーに「Solid State には近づくな」というメッセージを残すが、「Solid State」とはネット上につながれた「貴腐老人」の意識の総体であり、元々コシキタテアキという官僚によってDVの対象となった児童を保護するために構築されたシステムが「貴腐老人」らによって悪用され、彼らに必要な子供達を合法的に拉致するためのシステムへと変えられていた



 人体が直接ネットと接続することにより、身体的能力が劣るはずの老人が社会を牛耳っていくという転覆した価値観は面白いと思うし、SFの世界で少子高齢化社会という現在の日本にも通じるテーマを描こうとしているのは面白い

 しかし、攻殻機動隊シリーズに詳しくなければ理解できない部分がかなり多いと思うし、作りがかなり不親切だなと思う

 作品の世界観は広大なものなのに、作り手の意識が内に閉じこもっていて、攻殻機動隊のファンでなければその閉塞感に息が詰まってしまいそうになり、よく言えばファンの期待に応えているのだろうけど、悪く言えば独りよがりな部分も大いに感じられる


 人体が直接ネットにつながるというコンセプトも面白いのだが、それによって人間の個体というものが意味をなさず、敵がどこに存在するのか把握しがたく、それがストーリーの盛り上がりを損なっている部分もあるのではないかとも思った

 勧善懲悪という構図すらも転覆しようとしているのかもしれないが、そういうわかりにくさを回避するっていう姿勢がこの作品のあり様を示しているようにも思える

トラックバック - http://moppara.g.hatena.ne.jp/moppara/20091207