拡散していけど、とりもなおさず RSSフィード

2009-08-2820090828

グループの参加申請が来ていた グループの参加申請が来ていた - 拡散していけど、とりもなおさず を含むブックマーク はてなブックマーク - グループの参加申請が来ていた - 拡散していけど、とりもなおさず グループの参加申請が来ていた - 拡散していけど、とりもなおさず のブックマークコメント

 メールのアカウントによってチェックする間隔が違うのだけど、今日ブログ関連のメールをまとめているアカウントをチェックしていたら2日前に参加申請が来ていた

 以前変な参加者がいたこともあって軽く迷ったのだけど、プロフィールを見て何となく大丈夫かと思って参加してもらうことにした


 kaito0620さんがここを読んでいるかどうかわからないけど、何か質問があれば答えますので、よろしくお願いします


[]Carnages Carnages - 拡散していけど、とりもなおさず を含むブックマーク はてなブックマーク - Carnages - 拡散していけど、とりもなおさず Carnages - 拡散していけど、とりもなおさず のブックマークコメント

リンク

http://www.imdb.com/title/tt0280523/

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=319254#1

http://www.eurospace.co.jp/detail.cgi?idreq=dtl1073542894

感想

 いい映画

 原題はフランス語で「屠殺」という意味

 以下ネタバレ含む




 正直、見ていてテーマがわからなかったのだが、恐らくは「生」がテーマなのだろうと推測した


 冒頭で闘牛士のヴィクトールは闘牛のロメロに突き刺され重体になるが、一方のロメロも解体(これが恐らくは題名の由来になっているのだろう)され、この作品のキャラクターの元に散らばっていくことになる

 allcinemaのストーリーの解説を引用すれば

5歳までの記憶がない保母ジャンヌは、母アリスの愛情をいつも探し求めている。出産を控えるベティは、獣医の夫ジャックにある大事なことを伝えられずにいる。売れない女優カルロッタは、母親譲りのホクロが不幸の原因と思い悩んでいた。そして、トレーラーハウスで息子と2人暮らしのロージーは、父親が不在の理由を明かせずにいた…。

 ということになるが、それぞれちょっと変わってはいるが、波風の立たない日常を送っている

 その中で生に疑問を持ち、生を受け入れ、死に直面し、そこに向かう道程である生を見直している


 群像劇の体裁を取りながら、それぞれのキャラクターが劇的に出会うわけでもなく、緩やかに繋がっていく様は、正に我々の送っている生活が人間の緩やかな繋がりで出来ているのを表現しているようである

 最後に明確なハッピーエンドやバッドエンドが待っているわけではないが、どんな日常でも受け止め前進していこうという緩いメッセージは感じられた



 この映画は感想を書くのが難しい

kaito0620kaito06202009/08/30 14:15入部(?)許可ありがとうございます!
もうビシバシやっちゃっていいんで!
(いじめるくらいの勢いで!)
質問があればまた報告します
(今はありません)

kaito0620kaito06202009/08/30 14:34質問を僕のページに書いています。
(ここに関係あるのは2つですが・・・)

mopparamoppara2009/08/30 19:39参加ありがとうございます
答えられる範囲の質問はいくらでも答えていきます

kaito0620kaito06202009/09/13 20:45プロフィールの書き方が分からないんですけど…

mopparamoppara2009/09/14 16:49海斗さんのブログの方にコメントのお返事しますね

トラックバック - http://moppara.g.hatena.ne.jp/moppara/20090828