拡散していけど、とりもなおさず RSSフィード

2009-08-0120090801

[]Knowing Knowing - 拡散していけど、とりもなおさず を含むブックマーク はてなブックマーク - Knowing - 拡散していけど、とりもなおさず Knowing - 拡散していけど、とりもなおさず のブックマークコメント

 あまり面白くない

 以下ネタバレ含む




 結局、何が言いたかったのか、何が描きたかったのかがよくわからなかった


 ジョン(にこらす・けいじ)が大学の授業で「決定論と無作為性」について説き、ジョンだけではなく息子のケイレブ(ちゃんどらー・かんたべりー)の周囲に不審な影が現れることから、ジョンが発見した数字の羅列の規則性には何らかの意味があり、またそれはジョンの妄想ではないことがわかるし、上に書いたジョンの授業も含め、宇宙を連想させる要素が多いことから、ケイレブが破滅の迫った地球から連れ出されるという「ノアの方舟」のような展開になることは容易に予想できる

 だが、何故ケイレブが選ばれたのか、何故人間という種を残さなければならないのかなど、これでもかと疑問が浮かんでくるのだが、その疑問に答えが用意されているようには思えない

 思わせぶりなだけで、かなり世界観が薄っぺらだなと思う


 決定論について描くのなら、ジョンか他のキャラクターが地球の滅亡やケイレブの誘拐に抗うが失敗するという流れが欲しかったが、ジョンは数字の羅列の法則性を妄信している上に、ケイレブが誘拐することにすら抗おうとしないし、ややダイアナ(ろーず・ばーん)がそういう動きを見せようとするが、あっけなく死んでしまうために演出としては弱いかなと思う

 ジョンが数字の羅列を発見し、それを書いたルシンダの娘のダイアナに出会ったのは、ケイレブを誘拐の現場に到着させるために予め決まっていたことなのだろうと思うが、そこらへんの不思議な感じをもうちょっと強調して欲しかった



 ケイレブが連れ去られた後、ジョンは不和だった父親に会いに行くのだが、その途中で通った町は地球の滅亡を知った人たちが正気を失って暴動のような状態になっていて、人間も一皮剥けば獣と変わりがないということを描きたかったのだろうが、ちょっと唐突な感じはあるし、ケイレブが連れ去られる辺りからちょっとダレているなと思う

 飛行機の墜落シーンや電車の脱線シーンは非常に迫力があるが、それ以外のストーリーや映画自体が持つ意味などは対して面白くないなと思う



 さて、IMDbによれば

The perceptual phenomenon of people looking for patterns in randomness (number strings, faces in trees, shapes in clouds etc.) is called Apophenia.

 不規則性からパターンを探す知覚の現象は「アポフェニア」と呼ばれている

The piece of classical music we hear at the start and again at the very end of the film is Ludwig van Beethoven's "7th Symphony Major, 2nd Movement - Allegretto in A Minor". Completed in 1812 and dedicated to his friend Count Moritz von Fries, the work premiered in Vienna at a charity concert for soldiers wounded in the Battle of Hanau and was encored.

 映画の始まりと終わりで流れているのはベートーベンの「交響曲第7番第2楽章 Allegretto」

ベートーヴェン:交響曲第5番&第7番
カラヤン(ヘルベルト・フォン)
ユニバーサル ミュージック クラシック (2006-11-08)
売り上げランキング: 1868

The predicament of being able to see future disaster while fearing no-one will believe you is called The Cassandra Complex, after a Greek myth.

 未来の災難を予見できることで窮地に立ち、誰も自分を信じてくれないことを恐れるのをギリシア神話から「カサンドラ・コンプレックス」と呼ぶ(参照ーカッサンドラー - Wikipedia

SPOILER: The entire airplane crash, starting from when we see the plane till the end of the scene is one continuous shot.

 飛行機の墜落シーンは1カット

トラックバック - http://moppara.g.hatena.ne.jp/moppara/20090801