拡散していけど、とりもなおさず RSSフィード

2009-06-2120090621

[]Pride & Prejudice Pride & Prejudice - 拡散していけど、とりもなおさず を含むブックマーク はてなブックマーク - Pride & Prejudice - 拡散していけど、とりもなおさず Pride & Prejudice - 拡散していけど、とりもなおさず のブックマークコメント

プライドと偏見 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD]
UPJ/ジェネオン エンタテインメント (2009-07-08)
売り上げランキング: 356

 あまり面白くない

 以下ネタバレ含む



 

 よく出来てはいると思う

 エリザベス・ベネット(きーら・ないとれい)はその気持ちに気づかなかったと言っているが、フィッツウィリアム・ダーシー(ましゅー・まくふぁでぃん)が控えめな性格にも関わらずエリザベスに好意を寄せているのが伝わってくるようにしっかりと演出しているし、カメラワークも時代がかった感じのものとコンテポラリーなものを上手く使い分けている



 しかし、どうも脚本が中途半端だなと思う


 階級による格差が歴然として残っていたであろう18世紀末のイギリスでは恋愛においても現在より階級や資産が物をいっていたことは予想に難くないし、それを前面に押し出しても当然のこととして受け止められただろう

 そんな中でエリザベスがダーシーに、エリザベスの姉のジェーン(ろざむんど・ぱいく)とダーシーの親友のビングリー(さいもん・うっず)の交際に反対したことを抗議したことや、舞踏会で無愛想な態度を取ったことを指摘して態度を改めることの方が珍しいことだと思う

 それぐらいダーシーがエリザベスを好きだったということはわかるし、エリザベスも自身がダーシーの階級差別に憤っているくせに自分もダーシーを逆差別してしまっていることに気づくという構図も面白いとは思うが、ダーシーの善意の行動というのをもうちょっと前面に押し出してもいいとおもったし、エリザベスがダーシーの屋敷が豪華なことでテンションが上がるのがちょっと矛盾しているかなと思った

 自分は家柄などで差別をして欲しくないと願っているのに、結局お金に目がくらんでいる態度が矛盾しているし、それに対して何らかの説明があればまだ納得できたがそういうのもないし



 さて、IMDbによれば

Joe Wright was not initially keen on Keira Knightley playing Elizabeth, believing her to be too attractive. He changed his mind upon meeting her, deciding her tomboyish attitude would be perfect for the part

 監督は最初はきーら・ないとれいは綺麗すぎてエリザベス役に相応しくないと考えていたが、実際に会ってみておてんばだったので役にぴったりだと考えた

Keira Knightley was preparing for her role in Domino (2005) while she was filming this, and had already cut her hair. She had to wear a wig during the last few weeks of filming and long sleeves to hide her muscles.

 きーら・ないとれいは『ドミノ』の役作りをしていたので、この作品をする時にはかつらをつけ、筋トレしたのを隠すために長袖を着てごまかした

ドミノ 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD]
UPJ/ジェネオン エンタテインメント (2009-07-08)
売り上げランキング: 6000

US version has a different ending: after Mr. Bennet and Elizabeth's conversation, a scene follows where Darcy and "Mrs. Darcy" are at Pemberley talking about their happiness.

 アメリカ版ではエンディングがダーシーと、夫人となったエリザベスが幸せについて語り合っているところで終わっている

At the beginning of the movie, Elizabeth is shown reading a novel titled "First Impressions" - this was Jane Austen's original title of her novel before she altered it to "Pride and Prejudice".

 映画の始めにエリザベスは「First Impressions」という本を読んでいるが、これは原作者が「高慢と偏見」というタイトルをつける前に同作に付けていたタイトル

高慢と偏見〈上〉 (岩波文庫)
ジェーン オースティン
岩波書店
売り上げランキング: 22837

The scene where Bingley rehearses proposing to Jane was improvised. Initially, it was supposed to be shorter, but Simon Woods' was so good that the scene was lengthened.

 ビングリーがプロポーズのリハーサルをするシーンはアドリブ