拡散していけど、とりもなおさず RSSフィード

2009-04-2720090427

[]Babylon A.D. Babylon A.D. - 拡散していけど、とりもなおさず を含むブックマーク はてなブックマーク - Babylon A.D. - 拡散していけど、とりもなおさず Babylon A.D. - 拡散していけど、とりもなおさず のブックマークコメント

 あまり面白くない

 以下ネタバレ含む




 ベタな「悪人が突如として正義に目覚める」というタイプのストーリーなのだが、どうもそれが上手く機能していない

 

 トーロップ(ヴぃん・でぃーぜる)はテロリストとみなされているために故郷のアメリカに戻ることが出来ないが、帰国と引き換えにオーロラ(めらにー・てぃえりー)をアメリカ国内に連れて行くという仕事を引き受ける

 その道中で同行しているレベッカ(みしぇる・よー)とオーロラに特別な感情を抱いてしまったトーロップがオーロラを依頼してきた勢力に引き渡すのを止めるという展開なのだが、トーロップが二人と親しくなるというエピソードがはっきりと示されないままにいつの間にか三人が仲良くなっているので面食らってしまう

 

 それどころか、この作品の舞台の設定や、ゴルスキーとノーライトがそれぞれどういう勢力なのかということが全くストーリーの中で説明されないまま進行していくので最後まで作品を楽しむことが出来なかった

 「説明できていない」というか、それぞれの設定が全く想定されていないのではないかというぐらいひどい

 舞台は近未来の荒廃した地球でストーリーはトーロップがロシアにいるところから始まるのだが、ロシアならではの適当なイメージがかもし出す独特な雰囲気が面白いところはある

 だがそれは実際雰囲気だけで、ニューヨークに着いたあたりのCGなんかは本当に手抜きだとしか思えないぐらい酷い


 オーロラは恐らく作中でも説明されるようにマリアになぞらえられているのだろうし他にもそれなりに意味があることもあるのかもしれないが、それらの意味を考える価値はないと思う



 さて、IMDbによれば

The film had to be bailed out by the studio's insurance company, after running over-budget and falling significantly behind schedule.

 予算オーバーとスケジュールの遅延のため、スタジオの保険会社が手を引いてしまった

When the film was released, director Mathieu Kassovitz called it a "bad episode of "24" (2001)." In an interview with amctv.com, Kassovitz said that Twentieth Century Fox interfered throughout production, and he never had a chance to shoot a scene the way it was scripted, or the way he wanted it to be.

 監督はスタジオが製作に干渉しすぎたために脚本に書かれたことや彼がしたかったことが撮影できなかったと言っている

The movie got almost no promotion, due to a feud between Mathieu Kassovitz and Fox studios over the final version.

 監督とスタジオの対立によりほぼ宣伝活動がされなかった

The film is based on a novel, Babylon Babies, by Maurice Georges Dantec.

 『バビロン・ベイビーズ』を基にしている

トラックバック - http://moppara.g.hatena.ne.jp/moppara/20090427