拡散していけど、とりもなおさず RSSフィード

2009-04-2020090420

[]Gone Baby Gone Gone Baby Gone - 拡散していけど、とりもなおさず を含むブックマーク はてなブックマーク - Gone Baby Gone - 拡散していけど、とりもなおさず Gone Baby Gone - 拡散していけど、とりもなおさず のブックマークコメント

ゴーン・ベイビー・ゴーン [DVD]
ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント (2008-09-17)
売り上げランキング: 17112

 いい映画

 以下ネタバレ含む




 この映画を少女が誘拐されてその行方を探偵が追うミステリーと受け止めると誤解が生じる

 原作の小説がシリーズ物であることを考慮しても主人公であるはずのパトリック・ケンジー(けいしー・あふれっく)の人となりがほぼ描かれない

 パトリックが執拗に危険であることがわかっていて事件に深入りしていくのにその理由が「嘘をつかれたから」というだけしか説明されないがそれだけでは納得がいかないが、パトリックがどういう人間であるかが説明されれば納得がいく部分も出てくると思うが、決してそういうことをしない

 それは何故かというと、パトリックが謎を解いていくことよりも、本作のテーマを浮かび上がらせるためにパトリックを傍観者としておいた方がいいと判断したからではないかと思う


 本作は警察署長のドイル(もーがん・ふりーまん)がアマンダの母親のヘリーン(えいみー・らいあん)がヤク中であることから今後を憂い誘拐したことが発覚し事件が完全に解決した後に、パトリックがヘリーンを訪ねたところヘリーンはアマンダを置いてデートに行くというところで終わる

 ドイルの杞憂をパトリックは「ヘリーンは変わるはず」とはねつけたが、ヘリーンは何も変わる様子を見せずパトリックは恐らく自分が間違っていたのかと自問している

 だが、この映画のメッセージは、誰かが他人の幸せについて口を出すべきではないということなのだろうと思う

 ドイルやレミー(えど・はりす)は罪を犯してまで自分たちの「正義」を貫こうとしたのだが、それは本当に正義なのだろうか、ヤク中で育児を放棄しているヘリーンと罪深いという点ではそんなに変わらないのではないのだろうか

 

 

 この映画はミステリーとしては二流だし途中まで下らない映画だなと思っていたが、ミステリーとして作られているわけではないというのが終盤のパトリックとドイルのやり取りでわかったし、あの対話でがらりと評価が変わった

 随所に挿入される街やそこに住む人たちの映像は、このストーリーは市井の人たちの物語であるという宣言だと思うし、他人をジャッジすることの愚かしさや、その愚かしさや自らの無力さに気づいて傍観者でいることしか出来ないという諦めを上手く描いているという点でいい映画だと思う


 べん・あふれっくは俳優としては好きではないのだが監督としてはいいものを持っているなと思った

 弟のけいしー・あふれっくはぱっとしないというか役柄的に見せ所がなくて、むしろえど・はりすの役の方が目立ってしまって残念だったなと思う



 さて、IMDbによれば

Ben Affleck's directorial debut in a major motion picture, although he did direct two other movies that never made it to the big screen

 2本の映画を撮ったことはあるが、べん・あふれっくにとってメジャー映画のデビュー作

"Gone Baby Gone" is Ben Affleck's favorite novel.

 原作はべん・あふれっくが好きな小説

愛しき者はすべて去りゆく (角川文庫)
デニス レヘイン
角川書店
売り上げランキング: 289736

The film's UK release, scheduled for 28 December 2007, was postponed for almost six months because of the film's similarity to the real-life case of four-year-old Madeleine McCann who disappeared from the holiday apartment where she and her family were staying in Praia da Luz, Portugal, on 3 May 2007.

 似たような事件が起こったためにイギリスでの公開が延期された(注:以前アメブロでその事件について軽く触れたことがある)

The character of Jerome Miller (a.k.a. "Bubba", Patrick's drug-lord friend) is played by Boston hip-hop performer Slaine. In the scene where Bubba and Patrick are driving up to Everett to meet Leon and Roberta Trett, the song playing on the stereo in their SUV is by Slaine.

 パトリックの知り合いのブッバを演じているのはボストンのヒップホップのミュージシャンのスレインで、二人が車に乗っている時に流れているのは彼の曲

トラックバック - http://moppara.g.hatena.ne.jp/moppara/20090420