拡散していけど、とりもなおさず RSSフィード

2008-02-0120080201

[]Mr. Bean's Holiday 20:13 Mr. Bean's Holiday  - 拡散していけど、とりもなおさず を含むブックマーク はてなブックマーク - Mr. Bean's Holiday  - 拡散していけど、とりもなおさず Mr. Bean's Holiday  - 拡散していけど、とりもなおさず のブックマークコメント

 DVDが出ていないので、allcinemaをリンク


 自分としては「抱腹絶倒」というよりはくすりと笑わせられる映画だったが、それなりに面白かったと思う



 今までビーンシリーズを見たことは無いし、外国のコメディにそこまで詳しくは無いのだけれど、アメリカのコメディよりは日本のコメディに近いと思った

 だから、アメリカのわかりやすいコメディとは別の意味で、日本人が簡単に理解できる笑いが羅列されていると思う


 ストーリーに合わせてビーンの設定が変わっているように思えたり、最後らへんが上手い話にまとめようとする感じがあったものの、誰もが持つ無知さとか、常識のなさの切り取り方が見事だと思った

 


 傑作ではないが良作だと思う

[]Diarios de motocicleta 13:27 Diarios de motocicleta - 拡散していけど、とりもなおさず を含むブックマーク はてなブックマーク - Diarios de motocicleta - 拡散していけど、とりもなおさず Diarios de motocicleta - 拡散していけど、とりもなおさず のブックマークコメント

 実話をベースにした映画、しかもチェ・ゲバラが革命家になる前を描くものなので、そんなにドラマチックな映画ではない

 そういう意味ではあまりストーリーに面白みは無いが、見るべきところはある映画だと思う



 

 何というか、情けなさを上手く描いていると思う


 旅に出発するや否やバイクがこけそうになるし、道中でも何回もこける

 旅先で出会った女の子とヤレるかと思ったら途中で止められる

 人妻としようと思ったら、機転が利かなくて旦那に見つかってしまう

 まぁ、下ネタが満載の割りに、ベッドシーンは一切なかったりするが


 先住民が搾取されることに憤りを覚えるが、自分が恵まれていることには何の疑問も抱いていない

 バイクで南米大陸を縦断するという行為自体がモラトリアムを象徴しているように思える

 

 要は、考えが甘すぎる理想主義者に見える

 そこらへんも含めて、情けなさの描き方が上手いと思う



 あと、政治色があまり濃くなくてプロパガンダ映画になっていないのも良かったと思う

 観客を選ばない映画になっている

 チェ・ゲバラも、誠実な青年として描かれているが、この映画で神格化しようとしているわけでもないし



 冒頭に書いたように、話がそんなに面白くないので(その分、アルベルトが道化役で楽しませてくれるが)、ちょっとしんどいところもあるが、いい映画だと思う

トラックバック - http://moppara.g.hatena.ne.jp/moppara/20080201