Co・Memont -MG-

2007-05-10

[] 23:19

自分も議論できる人間かと言われると,ちょっと自信が無い.

っというのも,意見を強固にプッシュされると

ビビって引いてしまうんで…


[]ネットの知り合いと、実際の知り合い 23:19

本来の文章のお話からズレている事は重々承知しているのだけど,

もっぱらさんの問いから思ったことを書いてみる.



時間の差

リアルタイムで顔を合わせる知り合いと,

断続的に人の文章を介した知り合いと…


ネットの知り合いと現実の知り合いの差って,

突き詰めていくと

その人と向かい合える時間の差なんじゃないかなぁとも思ったり.


どれだけその人と時間を共有できるか.


ネットはどれだけ頑張っても

更新ボタンを押した瞬間から次にボタンを押す瞬間まで

ネット上でその人の時間は止まるんで,

ボタンが押された瞬間しか時間を共有できない.


チャットやメッセの方が,ブログの文章を眺めるよりも信頼できそうな気がするし,

それはやはり更新回数がリアルタイムに近いからじゃないかと.

顔を付き合わせれば,もうリアルタイムですからね.


その辺の時間の差…時間から得られる情報の差.


手持ちの情報が多ければ多いほど,

それらを審査し,信じるに足るかどうかの判断は,無いよりしやすい.

情報も少ないのに,どうして信じきれるの?っというのも理解できる.


でも逆に,会ったからと言って信じてしまうのも

リアルタイムで接して知れる相手の情報をみすみす捨ててる様なものなので,

どの道,その人のその情報を知って,どれをどう扱うか…という部分も

絡んでる様な気がする.


伝わらない

逆に,発信する側はその自分が発するその情報で

どの様にコレを読んだ人は取り扱って,その人の中で消費してくれるのか…

っという部分に注意しないといけない気がする.


真剣にやっていても,それが伝わらなければ,どう取り扱われてもしょうがないと思う.

「悩んでる」とか「ツライ」とか,実際に言ってる人を見て

どれだけそれが真剣な言葉なのか…

普段顔を合わせていても,その人の普段から持つ印象で受け取り方はガラッと変わる.


ネットなども,突き詰めると実際の生活と変わらないと思います.


ただ,違うのはその人と接していられる時間・瞬間の量・質の違い.



ネットの知り合いも現実の知り合いの一部

でも,ちょっと思うのは,

ネットの知り合いも現実の知り合いの一部と思うと

微妙に線引きが入ってしまうのもショウガナイかなぁとも…


自分それぞれの知り合いによって付き合い方が微妙に違う.

家族,部活の同期,後輩,研究室,高校の友人,中学の友達…

それぞれに付き合い方があり,それぞれ1つ1つの付き合い方は微妙に違う.

そこにネットという知り合いが入ってると思えば,

それはそれで現実の知り合い同様,何らかのちょっとした境界線が生じるのも

自然といえば自然なんじゃないかなぁ~と.



だから

違うといえば違うし,違わないと言えば違わない.

っと非常に中途半端な回答.

mopparamoppara2007/05/11 00:08あ、結構、華音さんもそうなんですが、悩んでいる過程を見せてもらう、っていうのは、面白いですから

ストレートではないですが、回答ありがとうございます

Tear_of_angelTear_of_angel2007/05/11 23:39あ、私もそういえば、どこで知り合ったかによって微妙に付き合い方を変えてるような気がします。そうですね。その中の一つがネットという考え方は頷けます。ありがとうございました。

comemontcomemont2007/05/12 02:00>もっぱらさんへ
まとめるためだったり,整理するために書いてる部分がありますから…どうしてもこんな書き方なんですよね.


>華音さんへ
微妙に付き合い方が違うもんだから,違う方面の友人と同時に会ったりすると,何となく気まずかったりするんですよねぇ…
ブログも,他の知り合いに知れたら,付き合い方の微妙に違う自分がココにいますから…ある意味で気まずく思っちゃうんですよねぇ…